フォーラム

フォーラム「高等学校における日本語指導体制の整備に向けて」

【日時】2021年12月5日(日)10:00~16:30
【開催方法】オンライン開催(web会議システムzoom)
【定員】500人 ※当初の300人から増席いたしました。
【参加費】無料
※先着順となります。本ページの下部「申し込みはこちら」よりお申込みください。

趣旨

 本事業は、高等学校における外国人生徒等教育・日本語指導の実態を把握した上で、指導体制整備のための「手引き」、およびカリキュラム「ガイドライン」を作成し、高等学校における外国人生徒等教育の充実に資することを目的にしています。

 今回は公開ヒアリングとフォーラムを開催します。午前中のヒアリングでは、各地で地域の状況や生徒の実態に応じて熱心に取り組みをなさっている高等学校に、外国人生徒等の受入れ状況、指導体制・地域連携、日本語指導および教科学習支援の内容・方法、進路指導・キャリア支援等についてご報告していただきます。

 また午後のフォーラムでは、文部科学省より本事業についてのご説明と、本事業で実施した実態調査(質問紙調査とヒアリング調査)の中間報告をいたします。その後、調査の結果を踏まえ、高等学校における外国人生徒等の指導体制や日本語指導やキャリア支援の問題について、高等学校現場の教員・支援者、関連領域の専門家をお呼びしてパネルディスカッションを行います。

 高等学校の外国人生徒等教育や日本語指導の関係者の皆様、また関心をお持ちの皆様、ぜひご参加ください。

プログラム

〈第1部〉公開ヒアリング 10:00~12:00

開会 ご挨拶

川手圭一(東京学芸大学副学長)

高等学校における外国人生徒等教育の取り組み

全国各地の外国人生徒等受入れ校に、校内の指導体制や地域との連携、日本語指導、教科学習支援、キャリア支援等の取り組みについてご報告いただき、その後全体で質疑応答を行います。

  • 報告1 愛知県立衣台高等学校
  • 報告2 大阪府立長吉高等学校
  • 報告3 千葉県立市川工業高等学校

コーディネータ 見世千賀子(東京学芸大学)

閉会

〈第2部〉フォーラム 13:00~16:30 

開会 ご挨拶

東京学芸大学学長 國分 充
文部科学省 総合教育政策局国際教育課 課長 石田 善顕

施策説明

文部科学省 総合教育政策局国際教育課  外国人児童生徒教育専門官 小林美陽

本事業の概要と調査結果の中間報告

本事業企画開発会議 調査部会 齋藤ひろみ・見世千賀子・大村龍太郎・南浦涼介(東京学芸大学)
本事業 研究員 武内博子・中村夏帆

パネルディスカッション「高等学校における外国人生徒等教育の現在」

  • 発題1 外国人生徒等に対する高校入試制度(仮)
    小島祥美(東京外国語大学)
  • 発題2 定時制高等学校における外国人生徒等教育(仮)
    角田仁(都立町田高等学校)
  • 発題3 地域との連携による外国人児童生徒等の支援体制-神奈川県を例に(仮)
    吉田美穂(弘前大学)
  • 発題4 地域コミュニティにおける外国人生徒等のキャリア支援(仮)
    海老原周子(一般社団法人kuriya)

ディスカッサント 志水宏吉(大阪大学大学院)
コーディネータ 齋藤ひろみ(東京学芸大学 本事業企画開発会議委員長)

閉会

お申し込み方法

12月1日(水)23:59までに、こちらよりお申し込みください。※先着順となります。

参加申し込みのお願い

  • 上の「こちら」のボタンを押すと、こくちーずpro.に移動します。こくちーずpro.よりお申し込みください。
  • お申込みをいただいた方に、前日(12月4日)の夕刻までに、zoomのご案内をメールでお送りします。 ※お申込みの際、メールアドレスの誤入力がございますと、メールがお手元に届きません。 ご入力には、細心の注意をお願いいたします。

オンライン参加にあたっての留意点

  • 開始時間30分に開室いたします。時間に余裕をもってご入室ください。待機室でお待ちいただいた後、入室していただきます。入室時はマイクをオフ(ミュート)にしていただきますようお願いいたします。
  • ご入室の際、参加申込み時のお名前でご入室ください。お申込み時と異なるお名前の表示をされている場合は、入室を許可できないことがあります。
  • 本事業の運営のため、フォーラムは録音・録画をいたします。ご参加になる皆さまの画面や動画撮影、録音は一切お断りいたします。ご了承ください。
  • zoomの操作方法につきましては、こちらをご参考になさってください。当日、参加者ご自身の操作方法に関するご質問やトラブルには対応できかねますので、よろしくお願いいたします。

お問い合わせ先

「高等学校における日本語指導体制整備事業」事務局
042-329-7406 (月・火・木 13:00~20:00)
knihongo@u-gakugei.ac.jp


 本事業では、これまでに5回のヒアリングを実施いたしました。全国の、公立・私立、全日制・定時制、入学試験の特別枠の有無において違いのある約20の高等学校にご協力いただいています。

 ヒアリングの報告時の資料も公開しております。是非、参考になさってください。

調査活動ページへ