今月の学校図書館

こんなことをやっています!
12345
2021/05/02new

東京学芸大学附属国際中等教育

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
  新緑の美しい季節を迎えました。
 今月は東京学芸大学附属国際中等教育学校の総合メディアセンターのようすをお伝えします。

●「バリアフリー絵本の世界展」の開催
 毎年この時期は、館内で「バリアフリー絵本」の展示をおこなっています。所蔵している布の絵本に加え、東京布の絵本連絡会から借りた布のタペストリーや遊具と共に、生徒たちには紙やデジタルの本だけではなく、布でできた本があることを紹介しています。布の絵本はフエルトなどにひもやボタン、スナップ、ファスナー、マジックテープなどを用い、はずす、はめる、ひっぱる、むすぶなど、障害のある子どもたちが作動学習をおこなうことができる絵本です。しかし現在では障害をもつ子どもたちだけではなく、敬老館や養護施設でも手指の機能訓練の一環として使われるようになってきました。












 
  本校では直接こうした絵本を必要としている生徒がいるわけではありませんが、家族の中で、または近しい人たちのなかに必要としている人がいるかもしれません。またはボランティア部の生徒たちのように、作ることに関心を持つ子もでてくるでしょう。
 総合メディアセンターの運営コンセプトの一つに「多様性を認め合う空間にする」ということがあります。生徒にはこうした絵本を必要としている人たちがいるということを、ぜひ作品に触れながら感じてほしいと思っています。本校では海外からの帰国生も多く在籍していますが、異文化への理解だけではなく、日常的に困難な状況にある人たちへ思いをはせ、寄り添う心をもつことは、グローバルな視点を持つうえでもとても大切なことだと思っています。
12:05 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する