2018年度卒論発表会(予定)

  1. 日時:2019年1月27日(日)
  2. 会場:東京学芸大学20周年飯島記念館
  3. 全体プログラム
  4. 発表内容

2018年度東京学芸大学地理学会巡検(検討中)

  1. 日時
  2. テーマ:
  3. 案内者:
  4. 集合場所・時間:
  5. 解散時刻:
  6. コース:
  7. 諸連絡:
  8. 参加費:
  9. 申し込み方法:
  10. 申込み・問い合わせ先:

2018年度東京学芸大学地理学会「談話会」および「総会」

  1. 日時:2018年6月30日(土)
  2. 会場:東京学芸大学「合同棟」1階(附属小金井小学校と中学校の間の建物)
  3. 受付開始 14:00〜
  4. 談話会 テーマ「地域研究と教材開発の実践―『日本をまなぶ』の執筆と関連して」 14:30〜16:50
     教育現場における地理教育(教材開発)の充実のためには,その裏付けとなる実証的な地域の研究と調査が重要になります.談話会では『日本をまなぶ』(古今書院,2017年刊)の執筆者たちが「地域研究と教材開発との関係」を語ります.
    1. 趣旨説明:上野和彦(東京学芸大学名誉教授,学部16期,院2期)
    2. 話題提供:
      ・大学教養教育,社会科教育教材論:本木弘悌(早稲田高等学院),澤 達大(京都文教大)
      ・小・中・高における地誌授業,地域研究等のあり方:立川和平(海城中高),大矢幸久(学習院初等科),永山淳一(学習院初等科),沖田耕一(聖光学院) ,牛島庸介(香蘭女学校),森山隆裕(宮崎工業高校)
      ・地理学書の編集者の立場から:関 秀明(古今書院)等
    3. コメント:小俣利男(東洋大・非 学部19期,院5期)
    4. 質疑応答・全体討論
    5. 今後の学芸地理学会シリーズ(第4巻 東京)刊行に向けて:上野和彦(16期・学芸大名誉教授)
  5. 総会 17:10〜17:40 
  6. 懇親会(第2むさしのホール2階) 18:10〜20:00
      終了
  7. 談話会総会案内(更新版)PDF

2017年度  2016年度  2015年度  2014年度以前