学校案内

校長挨拶

校長 金沢育三

 本校は、東京第1師範学校男子部附属中学校として発足以来、70年の輝かしい伝統があります。この間卒業生はすでに1万人を超え、日本をそして世界を担う人材として活躍しています。本校の特色として、自由で自立的な教育環境があげられますが、この環境の下、「個性的で人間性豊かな人格をつくる」、「創造性豊かな人間を育てる」、「敬愛の精神にあふれた人間を育てる」の教育目標の実現をめざし、中学生時代という大切な時期にいる生徒たちを教職員一同全力でささえ、指導しています。
 本校の代表的な行事である春の運動会と秋の芸術発表会は、生徒たちの企画、運営によるもので、これらも生徒たちにとって貴重な体験と学習の場となっています。これからの時代を生きるためには、単に与えられた課題をこなすだけでなく、積極的に新しい分野を学習しようとする自発性が重要です。このような積極的な学習意欲を育てることも、本校の重要な目標です。「自分の頭で考え、積極的に行動する」生徒の育成のため、現在は「21世紀型」学力やスキルと呼ばれる資質・能力の育成を目標に教育に取り組んでおります。
 「自分で考え行動する」附属世田谷中学校へ、より多くの意欲のある児童の皆さんが入学していただけることを希望しています。

東京学芸大学附属世田谷中学校
校長 金沢 育三

学校経営案