image2

E類多文化共生教育コース(平成27年度入学生〜)

教育支援系にもどる

学び合いの言葉

『グローバル化する日本の教育を支える』

コースの特色

多くの外国人が日本で仕事をし、多くの日本人が海外で生活をする時代になりました。こうした新しい時代の教育を支える人を育てます。
なおこのコースは2年に進級するときに、多言語多文化サブコースと、 地域研究サブコースに分かれます。

このコースに入ったら学べること

●このコースでは次のような授業が開設されます。
・外国人の先生による語学の授業や、外国語で発表する授業
・文化人類学など、異文化理解に必要な考え方や方法を学ぶ授業
・日本の教育の仕組みや、外国人への教育支援について学ぶ授業
・日本語教育の基礎を学ぶ授業
・民俗学など、日本文化の基礎を学び、外国人に紹介できるようにする授業
・アジア、欧米の社会と文化を学ぶ授業
●このコースでは中学校・高校の英語教員の免許(多言語多文化サブコース)、中学校・高校の社会科教員の免許(地域研究サブコース)が取れます。ただし教員免許は必修ではありません。
●海外の協定校に留学して、単位を取ることもできます。

このコースに入った人がめざす仕事

●異文化理解や、教育に関する知識を活かして、日本の学校で勉強する外国人の子どもたちを支援したり、日本人児童・生徒や教員の異文化理解を助ける仕事(自治体職員、国際交流協会職員、NPO職員、英語・社会科教員等)
●語学やアジア・欧米の現地に関する知識を活かして、在外日本人の子どもたちの教育を支援する仕事(日本人学校教員、在外教育施設支援員等)
●国際協力機構(JICA)などの国際機関を通して海外で教育活動をしたり、教育に関する国際協力を進める仕事(JICA職員、日本語学校教員、NPO職員等)

このコースに来てもらいたい人

・語学が好きで、外国人との交流を仕事にしたい人
・日本に来ている外国人の支援や、その子どもたちの支援に関心を持っている人
・海外でさまざまな教育に関する支援活動をしてみたい人

担当教員

赤司 英一郎
教授
ヨーロッパ言語・文化研究
業績
李 修京
教授
アジア言語・文化研究
業績
教員個人サイト
荻野 文隆
教授
ヨーロッパ言語・文化研究
業績
教員個人サイト
加賀美 雅弘
教授
地理学
業績
木村 守
教授
アジア言語・文化研究
業績
教員個人サイト
久邇 良子
教授
法学・政治学
業績
河野 継代
教授
英語学・英米文学・文化研究
業績
小林 春夫
教授
哲学・倫理学
業績
菅 美弥
教授
地域研究
業績
田中 比呂志
教授
歴史学
業績
藤井 健志
教授
哲学・倫理学
業績
吉野 晃
教授
地域研究
業績
若林 恵
教授
ヨーロッパ言語・文化研究
業績
小澤 英実
准教授
英語学・英米文学・文化研究
業績
教員個人サイト
小西 公大
准教授
地域研究
業績
水津 嘉克
准教授
地域研究
業績
出口 雅敏
准教授
地域研究
業績
橋村 修
准教授
地域研究
業績
范 文玲
講師
アジア言語・文化研究
業績