image2

A類学校心理選修(平成27年度入学生〜)

学校教育系にもどる

学び合いの言葉

『心を知る教師が教育を変える!』

選修の特色

上手な学級作りによっていじめや不登校などの問題が大部分予防できますし学力も上がります。集団の心理学、対人心理学、教授学習心理学、子どもの発達心理の理解を深めていきます。

こんな授業があります

 【授業実践の心理学】では、小学校の授業場面における「こころ」の働きを理解するために、主に、教授学習心理学、認知心理学、社会心理学、発達心理学、臨床心理学の各領域の原理・原則、知識に基づいて授業を分析する力、「授業研究」の力を養います。
 具体的には、小学校の授業実践映像をもとに「授業研究」に取り組み、授業における「こころ」の働きを、科学的に分析する力を身につけることをねらいとしています。

在学生から

 私が4年間で学んだことは、人の行動に対して「なぜ?」という問いをたて、その問いを心理学の側面から解明していくことです。学校心理選修で受講できる心理学の授業は座学の講義だけではありません。少人数のグループで一つの研究テーマを決め、実際に心理の調査や実験を行ったり、教育実習やボランティア先での児童との関わりで困った時のエピソードをもとにロールプレイを行い、児童が問題行動をとる背景や学級集団の中で感じていることを考える授業もありました。心理学の理論や研究法を知識としてもつだけでなく、教育現場にどのように活かしていくのかということについて実践的に学ぶことができました。

主な進路

幼稚園教員・小・中・高等学校教員、大学院進学、地方公務員等

担当教員

池田 一成
教授
生涯発達支援部門
業績
糸井 尚子
教授
学校心理学
業績
教員個人サイト
佐野 秀樹
教授
臨床心理学
業績
教員個人サイト
杉森 伸吉
教授
学校心理学
業績
橋本 創一
教授
教育臨床研究部門
業績
教員個人サイト
林 安紀子
教授
生涯発達支援部門
業績
犬塚 美輪
准教授
学校心理学
梶井 芳明
准教授
学校心理学
業績
教員個人サイト
工藤 浩二
准教授
臨床心理学
業績
品田 瑞穂
准教授
学校心理学
業績
教員個人サイト
関口 貴裕
准教授
学校心理学
業績
教員個人サイト