ISSUP委員会後援 MAKING A/R/TOGRAPHIC PATHWAYS −「歩く」と「造る」の間にある探求 −

HOMEにもどる

【日時】2019年11月12日(火)〜 11月26日(火) 10:30-18:00
【場所】東京学芸大学 研究棟 芸術・スポーツ4号館1階アートギャラリー  

【トークセッション】
11月12日(火)18:00〜20:00
講師:リタ・アーウィン(ブリティシュコロンビア大学教授)
実践発表者: 森本謙, マルジエ・モサバルザデ(ブリティッシュコロンビア大学博士課程・東京学芸大学研究員)
小西公大, 石井壽郎, 笠原広一(本学教員), 教職大学院大学院生他

近年、国際的に大きな注目を集めるアートグラフィー(a/r/tography)は、芸術家(artist)/研究者(researcher)/教育者(teacher)という美術教育にかかわる多様な立ち位置や取り組みの「あいだ(in-between)」をつなぐ実践化と理論化の新しい動きです。今回、ブリティッシュコロンビア大学のリタ・アーウィン教授らと進めるアートグラフィーやWalking「歩く」による美術教育実践を展示し、トークセッションを開催します。

【主催・申し込み先】
東京学芸大学(美術科教育学分野)笠原広一研究室 kasahara(a)u-gakugei.ac.jp
※(a)をアットマークに変えてください。申し込み受付後に会場案内を送ります。
〒184-8501東京都小金井市貫井北町4-1-1 Tel & Fax: 042-329-7610

MAKING A/R/TOGRAPHIC PATHWAYS ちらしPDFはこちら

ISSUP委員会後援 MAKING A/R/TOGRAPHIC PATHWAYS −「歩く」と「造る」の間にある探求 −