image2

D類養護教育専攻

学校教育系にもどる

学び合いの言葉

『健康な子どもの未来をつくる養護教諭になろう!』

専攻の特色

本専攻では、多様で複雑化している子どもの健康課題に対し、こころとからだの両面から健康支援ができる資質と能力をもつ養護教諭の育成とともに、養護教諭の実践を科学的にとらえ研究できる人材の育成をめざします。

こんな授業があります

 養護教諭は、幅広い分野を通して子どもたちの心身の健康を守る役割があります。そのために【フィジカルアセスメント】という授業があります。たとえば、「お腹が痛い」という子どもに対して、身体的な疾病の有無を多方面からアセスメントする力、訴えの背景にある子どもの心理的不安の発見や軽減を行っていく力、などを身につけます。学生同士、養護教諭役と子ども役などに分かれ、実践を意識した授業が多く行われています。

在学生から

 私は、この専攻の4年間で教育学はもちろん、保健学や看護学、解剖学、生理学、臨床医学等の授業を通して、養護教諭として必要な専門知識を幅広く学びました。また、子どもの理解や養護教諭の職務等に関するさまざまな知識やスキルを身につけることもできました。さらに、養護実習や病院実習等、さまざまな実践の場での活動を通して、多くの刺激を受け、学びを深めることができました。専攻での学びによって、私は、教育者の一人として、子どもに寄り添った指導や支援を行い、学校組織の中で活躍できる養護教諭になりたいと考えるようになりました。受験生の皆さん、将来の子どもたちの命や健康を守る養護教諭をめざし、一緒に学びましょう。

主な進路

小・中・高等学校養護教諭、地方公務員、日本年金機構等

教員情報検索

担当教員

朝倉 隆司
教授
養護教育
業績
教員個人サイト
竹鼻 ゆかり
教授
養護教育
業績
渡邉 正樹
教授
教科領域指導
業績
教員個人サイト
荒川 雅子
講師
養護教育
業績
鈴木 琴子
講師
養護教育
業績