2022-10-17更新 新型コロナウイルス感染症への本学対応について(まとめ)

HOMEにもどる

このページでは、新型コロナウイルス感染症に関する発信情報をまとめています。随時更新していきますので、最新の情報をご確認ください。(ブラウザ設定でキャッシュされたデータを消去のうえ、ご確認ください。)
なお、学生・教職員に向けた詳細情報(学内連絡)はポータルサイトでのお知らせ、メッセージで連絡していますので、確認してください。

令和4年10月4日より、感染者・濃厚接触者の報告方法が、これまでのメールではなく、報告フォームへの入力に変更となりました。感染者または濃厚接触者となった場合は、以下に記載のURLから入力をお願いします。
(附属学校関係者はこれまでどおり、附属学校園または附属学校課に報告してください。)

なお、基本的な対応については、厚生労働省ホームページや各自治体等のホームページにてご確認ください。
<参考> 
厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

    《感染者の報告》

    1. 学生・留学生(大学院生を含む)https://forms.office.com/r/7jtaYiQPZU
    2. 授業を担当する大学教員(非常勤講師等を含む)https://forms.office.com/r/ydYsuU0skJ
    3. 事務職員等(1・2に該当しない者)https://forms.office.com/r/cW0c6FACwh

    ※このフォームへの入力のほか、学生(留学生及び大学院生を含む)は指導教員に、教職員は所属の事務係(休暇申請窓口)に、ご自身で療養期間を連絡してください。

      《濃厚接触者の報告》

      学生・教職員 共通 https://forms.office.com/r/Z7TxPz1cxd

      ※このフォームへの入力のほか、学生(留学生及び大学院生を含む)は指導教員に、教職員は所属の事務係(休暇申請窓口)に、ご自身で療養期間を連絡してください。

      ◆新型コロナウイルス感染症陽性者の療養期間について、本学ではこれまでも保健所・医療機関の指示どおりとしており、今後もその方針に変更はありませんが、令和4年9月8日付の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」にて、陽性者の自宅療養期間の見直しがありましたのでお知らせします。この見直しは現在療養中の場合も含まれます。なお、療養期間について不明な点等があれば、検査を受けた医療機関等に問い合わせてください。

       <以下、『「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」令和3年11月19日(令和4年9月8日変更)新型コロナウイルス感染症対策本部決定』からの抜粋>

       【陽性者の自宅療養期間の見直し】 
      自宅療養期間については、療養者が有症状の場合には10日間、無症状の場合には7日間は引き続き、自身による検温、高齢者等重症化リスクのある者との接触や、感染リスクの高い行動を控えることを前提に、以下のとおり短縮することとし、令和4年9月7日から適用する。

      • 有症状の場合、発症から10日間かつ症状軽快後72時間としていたところ、7日間かつ症状軽快後24時間に変更(ただし、現に入院している場合は10日間)。
      • 無症状の場合、検体採取から7日間としていたところ、5日目の抗原定性検査キットによる検査により陰性であった場合、5日間に変更。

      ◆令和4年7月より、感染等報告の対応については主に以下の点が変更となりました。

      これまでは大学への入構許可・通常勤務等への復帰見込みについて、保健管理センターから個別に連絡していましたが、令和4年7月以降は、療養を含む経過観察期間等について、保健管理センターから個別の指示・許可等の連絡はしません。また、体調に関する情報のFormsへの入力、健康観察表の提出も求めません。

      「新型コロナウイルス感染症への本学の対応について」方針についてはこちらをご覧ください。

      【新着情報】

      2022-07-20 【緊急の注意喚起】新型コロナウイルス感染症への対応について
      2022-07-13 【注意喚起】課外活動および宿泊を伴う活動について
      2022-04-28 新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のための本学の対応について(令和4年4月28日更新)


      学生に対する周知事項について(学芸ポータルお知らせ)

      2022-10-17 新型コロナウイルスへの感染状況について(R4.10.17)
      2020-10-05 (R4.10.5)新型コロナウイルス感染症及びワクチン接種に関連する授業の公欠判断について
      2022-10-04 新型コロナウイルス感染症への対応について(R4.10.4学長通知)
      2022-10-04 【注意喚起】新型コロナウイルス感染症に係る全数把握方法の簡略化に伴う対応について
      2022-09-12 新型コロナウイルス感染症陽性者の療養期間の見直しについて

      附属図書館の利用について

      【最新情報まとめ】新型コロナウィルス感染症への附属図書館の対応について

      その他

      教室等施設の外部貸出について

      以下の条件により、各教室等施設の管理責任者が、財務課、学務課と情報共有し、許可することとします。

      1. 公共性・社会的要請の観点で、当該施設利用以外の方法によりがたいもの
      2. 感染防止が十分に対策されていること
      3. 大学・学校の本来業務(授業等)に支障が出ないこと

      貸出の可否については、最終的に、新型コロナウイルス感染症対策室が判断することとします。


      <参考情報>