コロナ下の授業時数についての提言を大森直樹教授が公表しました。

HOMEにもどる

 コロナ下の臨時休業により、全国の学校では、限られた授業日で教育をすすめるため教育課程の工夫が重ねられています。「不安を重ねている子どものつぶやきに耳を傾けられるよう」ゆったりとした教育課程を組むべきとの意見、「必要とされている教育内容を教えるため、必要な授業時数を確保したい」という意見。それらの意見を、どう教育課程として具体化するのか。全国の事例を紹介し、教育課程の弾力化に関わる文部科学省通知の活用のポイントを整理した提言を、本学の大森直樹教授が行なっています。

提言はここから読めます。

→コロナ下の授業時数についての提言

※提言は、特別支援教育・教育臨床サポートセンターHPの下の大森直樹研究室HPで公表します。

コロナ下の授業時数についての提言を大森直樹教授が公表しました。