教職特待生・奨学金

教職特待生・奨学金

HOMEにもどる

教職特待生制度

※国の高等教育の新たな支援制度が始まることに伴い、令和2年度以降については新規の募集を停止します。

1.趣旨

 本学は、学校教員になることを強く志望しながら、経済的理由で大学進学が困難な学生を対象に、入学料及び授業料を全額免除し、さらに奨学金を支給して、優秀な教員を養成する制度を平成21年度入学生から創設しました。趣旨に賛同して、ご支援くださる個人や企業等の方々からの寄附を募集いたします。

2.制度の概要

 教職特待生として採用された場合は、主に以下の待遇を受けることができます。

  1. 諸納入金の免除
    →入学料及び在学期間中(4年間)の授業料を免除(4年間で240万円強)
  2. 教職奨学金の貸与
    →年額40万円とし、原則、在学期間中(4年間)貸与します。(4年間で160万円)
    →卒業後、教員又は保育士(いずれも正規採用をいう。国外の日本人学校の教員を含む。)に1年を超える期間就いた場合は返還を免除します。
  3. 学寮への優先的入寮及び寄宿料の免除 ※希望者のみ
  4. 学生必携のノートパソコンを在学期間中(4年間)、無償貸与 ※希望者のみ
  5. 学内で行う教育関連のアルバイト等を紹介

3.支援対象者

 本学学部の教員養成課程(初等教育教員養成課程、中等教育教員養成課程、特別支援教育教員養成課程、養護教育教員養成課程)に修学する学生 (10名程度※)
※10名程度(一般入試(前期日程)、推薦入試及び高大接続プログラム特別入試の全体での枠数)

4.応募条件

 令和2年度以降については新規の募集を停止します。

 学校教育系の課程(A~D類)の一般入試(前期日程)に出願する者又は推薦入試若しくは高大接続プログラム特別入試の学校教育系の合格者で次の要件を全て満たす者

  1. 将来、学校教員(保育士を含む。)になる意志の強い者であること。
  2. 家庭の年収でおおむね300万円以下、自営業所得でおおむね148万円以下であること。
  3. 高等学校等の成績が優秀(一般入試(前期日程)の出願者にあっては学習成績概評がA以上の者又は学習成績概評がB若しくはCで当該志願選修・専攻が指定する大学入試センター試験の受験を要する教科・科目の合計得点を50点満点に換算し40点以上の者とし、推薦入試又は高大接続プログラム特別入試による合格者にあっては、学習成績概評がB以上の者)であること。
  4. 出身高校の校長(又はそれに準じる者)の推薦書があること。

5.申請期間・方法

 令和2年度以降については新規の募集を停止します。

→ご寄付くださる方々はこちらの東京学芸大学基金から手続きをお願いします。

学びの継続 学生支援緊急給付金(2次申請)(受付終了)

 文部科学省および日本学生支援機構において、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるアルバイト収入の減少などにより学生生活の継続に支障をきたす学生を対象に、緊急で現金給付の支援を行うこととなりました。申請詳細は、学芸ポータルお知らせ(令和2年7月6日付)をご確認ください。

申請方法:スマートフォン(LINE)にて申請(新規申請の方)
申請期限:令和2年7月14日(火)24時(厳守)

(参考)文部科学省HP 「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』(学生向け)
https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/mext_00691.html

東京学芸大学 緊急貸与奨学金(受付終了)

 新型コロナウイルス感染症の影響により、アルバイト等の収入の減少や家計急変により、既存の制度では対応しきれない状況が生じております。東京学芸大学は、いままさに生活に困窮している学生の方へ迅速な支援をすべく、緊急貸与奨学金を創設しました。このような状況でも、勉学の継続のため、前を向いている学生のみなさんを支援させていただきたいと思います。奨学金の貸与を希望する学生は、以下の募集要項を確認しお申し込みください。

募集要項
申請書 兼 返還誓約書
債主コード登録票

奨学金

 以下の添付資料に奨学金情報をまとめました。日本学生支援機構(旧日本育英会)奨学金、東京学芸大学学生奨学金「学芸むさしの奨学金」、およびその他各種団体の奨学金情報となります。ご利用ください。

 奨学金情報

【日本学生支援機構 奨学金を希望する方へ】

日本学生支援機構 奨学金の採用は、進学前に申し込む「予約採用」と入学後に申し込む「在学採用」、生計維持者(主に両親)の収入に急変があった方を対象とした「家計急変採用」があります。それぞれで手続き方法が異なりますので、以下をご確認ください。

〇家計急変採用(学部学生のみ・給付奨学金)

新型コロナウイルス感染症の影響などにより、生計維持者(主に両親)の収入に急変があった方を対象に、日本学生支援機構・給付奨学金(家計急変)の申請受付を行います。詳細は学芸ポータルお知らせ(令和2年7月22日付)をご確認ください。

(参考)日本学生支援機構HP
「新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援」
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/kakei_kyuhen/coronavirus.html

〇予約採用(令和2年度大学等奨学生採用候補者決定通知をお持ちの方)

令和2年度の進学届提出説明会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止します。手続きは郵送で行いますので、以下3点をダウンロードし、注意事項のとおり手続きをお願いします。
 ※4月20日までにご郵送ください。

予約採用候補者進学届提出時の注意事項と奨学金の採用について
進学届入力下書き用紙
提出一覧表

〇在学採用(新規申し込み、奨学金種類の変更を希望する方)

令和2年度の申請説明会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止します。
申請書類一式を郵送しますので、以下2点を担当宛先まで郵送してください。
 ※大学院(修士、博士、教職大学院)、特別専攻科の学生は4月10日までにご郵送ください。
 ※学部学生は4月20日までにご郵送ください。

郵送依頼票
・返信用封筒(角2サイズ、250円切手を貼付)
 ※ 封筒表面に郵便番号、宛名を記載のこと。

【郵送先】〒184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1
東京学芸大学 学生課 学生支援係
TEL 042-329-7187  FAX 042-329-7191
※ 封筒表面に「令和2年度在学採用資料希望」と朱書きで記載してください。

【問い合わせ先】学務部学生課学生支援係 042-329-7187 syougaku@u-gakugei.ac.jp

問い合わせ先

学務部 学生課 学生支援係

【TEL】042-329-7187
【E-mail】syougaku@u-gakugei.ac.jp
(メール送信の際は「@」を半角に変えてください)