GAKUMOのひみつ

GAKUMOのひみつ・・・司書のお役立ち情報を掲載します!
1234
2017/07/06

No.35  館内見取り図

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 たいていの学校図書館にはある大きな「館内の見取り図」。それを今まで作っていませんでした。オリエンテーションのパンフレットには図面を掲載しているのですが、大きな館内の図面がうまく作れず、ずっと先延ばしになっていたのです。
 しかし、先日赤レンガ図書館でも知られている、北区の中央図書館に行った際、いかにも手作りという館内図を発見。
”なるほど、鳥瞰図で表現しなくても、こうして場所を写真とつなげて紹介するのもいいかもしれない”とヒントをもらいました。
←北区中央図書館の館内案内図
 
 

 早速、学校で館内のあちらこちらを写真で写し、印刷。段ボールの台紙に張り付けて、館内の図面とを紐でつなぎました。図書館に関心のある学校見学者にも、館内にどのようなコーナーがあるのかがこれを見れば伝わるはずです。
生徒たちからは「今頃案内図つくったの~!?」という実に正直な声もありましたが、海外から9月編入でくる生徒たちからは「こういうものが欲しかったんですよ!」との声が。もっと早く作っておくべきでした、大いに反省。

(東京学芸大学附属国際中等教育学校:渡辺 有理子)
15:26
2017/06/21

No.34 リサイクル・ブックカバー

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 9月のスクールフェスティバルに向けて、図書委員会ではクイズの景品をすでに作りはじめています。中高生は残念ながら「しおり」という定番の景品を歓迎してくれないことから、みんなで頭をひねり、リサイクル用紙を使ったブックカバーをつくることにしました。ベースとなるのは、印刷室に毎日たまるコピー用紙をくるんでいる紙。
B5やA4 、A3など大きさはさまざまですが、これを広げて、あまりクシャクシャになっていない部分を文庫本サイズ、新書本サイズ、単行本サイズの3つの大きさに切って分けました。
 

中央に毛糸のしおりをテープでつけて、表面にはクラフトパンチでくりぬいた色紙や、切り紙の絵柄を貼り付けました。特に図書委員の生徒おすすめ作品はカメレオンの舌がそのまま赤いしおりになっている作品!これから9月に向けて、いろんなアイデアでブックカバーが増えることでしょう。

(東京学芸大学附属国際中等教育学校:渡辺 有理子)
12:30
2015/11/08

No.33 立体ぶどうの房

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 秋の食べ物葡萄。今年は掲示板に、葡萄の房を立体的に見えるようにディスプレイしたいと思いました。そこで思いついたのは、輪飾りのつなげかた。 とにかく色画用紙を輪にしてランダムにつなげながら、立体感ができるようにしてみました。
すると、思いのほか葡萄らしく見えます。一緒に作っていた図書委員の生徒に「今回の葡萄はなかなかの出来だわね!」と言うと、「でた~、司書さんの自画自賛!」と言われてしまいました・・・。

(東京学芸大学附属国際中等教育学校:渡辺)
14:56 | 展示・掲示
2015/11/08

No.32 不要な卓上カレンダーケース

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 12月から1月にかけて、学校の事務室には、業者さんからのカレンダーがたくさん届きます。そのなかから、毎年行き場がなく余ってしまう卓上カレンダーケースを私は狙っています。
使いたいのはケースの部分。こちらをカウンターのリクエスト用紙入れに使ったり、新聞記事検索の印刷用紙を入れるケースにしたり使っているのです。


もちろん新品でなくても、使い終わった卓上カレンダーケースも使えます。
(東京学芸大学附属国際中等教育学校:渡辺)
14:47 | 文房具
2015/11/08

No.31 現地資料の保存

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 先生方が修学旅行やフィールドワークのために実地調査に入ることがありますが、現地で集めたパンフレットや冊子をとりまとめ、メディアセンターで保存しています。こちらは中学3年生が毎年訪れる沖縄関係の資料。購入できない資料は、翌年現地を訪れる生徒たちにとって貴重な情報資料です。

(東京学芸大学附属国際中等教育学校:渡辺)
14:40 | その他
2015/11/08

No.30 広告チラシを型紙に

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 レストランやコンサートなど、しばしば素敵なチラシや広告に出合うと、“これは何かに使えるのでは・・・” と、保存する癖がついています。
例えばこちらは、コンサートで配布されたチラシに交じっていたレストランの案内。
弦楽器のカタチをした厚紙でした。 これを型紙にして、今回は芸術の秋の図書展示用ディスプレイを作りました!


大小さまざまな大きさに、茶系の色紙をはりつけて、「本の世界でオーケストラ♪ 図書展示」のお知らせ掲示板にはりつけています。

(東京学芸大学附属国際中等教育学校:渡辺)
14:26 | 展示・掲示
2015/09/09

N0.29 リサイクルディスプレイ

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 今月は「町づくり・コミュニティデザイン」関係の本を展示しています。少しでも町の雰囲気をだすために使ったのが、本のブックコートフィルムの筒。A4 やA5、B4とサイズによって筒の高さが違うので、筒と筒を両面テープでつなぎ、色紙で小窓をたくさんつけるだけで、ビルやマンションのようになりました。ゴミとなる前に一工夫でディスプレイ素材に変身です!


(東京学芸大学附属国際中等教育学校:渡辺 有理子)
13:26 | 展示・掲示
2015/09/09

No.28 古新聞の置き場

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
  ときどきメディアセンターには、「使っていい新聞はありますか?」と尋ねてくる生徒がいます。特にスクールフェスティバル前になると、こうした要望は急増します。そこで、日常的に生徒が持ち出していい古新聞(保管期限3か月を過ぎた新聞)をメディアセンター前の段ボールにいれることにしました。
ささやかなことですが、個々に対応せずにすむようになり、今では生徒たちにも周知されるようになりました。
 










(東京学芸大学附属国際中等教育学校:渡辺 有理子)
13:06 | その他
2015/02/17

No.27 図書委員会キャンペーン「集めて貼って本の虫!」

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)
この冬のキャンペーンは、縦割りクラス対抗で行いました。
縦割りクラスごとに120枚に分割されたピースを、本を1冊借りるたびに貼っていって、
早く絵を完成させるというものです。
まず、キャンペーン係でクラスカラーの表紙の本を4冊選びました。
それを、司書が拡大コピーし、それぞれ模造紙大に。
升目付きの模造紙を裏に貼り、120分割して、番号を書き込んでから1つづつ切り分けます。

それに対応する模造紙も作り、廊下に張り出して、キャンペーン開始!









     少しずつ、貼られていきます。











ほぼ全クラス完成したところ。

担当者が、最初にエルサの目部分を渡してしまい、
C組だけは、「アナ雪だ!」とバレバレでしたが、
廊下を通る生徒たちが、段々できあがっていく絵を楽しんでいる様子が聞こえていました。
優勝した(最初に完成した)D組集団には、それぞれ委員長直筆の賞状が、朝礼で授与されました。
           (東京学芸附属小金井中学校  井谷 由紀)
09:12 | 図書委員会活動
1234
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・情報リテラシー教育
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
授業事例を大募集!!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する