司書研修の報告

司書研修の報告
12
2019/08/05

みんなで学ぼう! 学校司書講座 2019

Tweet ThisSend to Facebook | by 岡田(主担)
   令和元年度 東京学芸大学学校図書館運営専門委員会 司書部会
        「学校司書講座」


□令和元年7月29日(月)•7月30日(火) 10時〜16時
□東京学芸大学附属世田谷小学校メディアルーム
□プログラム 2019年度学校司書研修プログラム.docx

令和元年729日(月)第1講 (参加者  23名)
【2-B 図書館情報資源概論 子どもの本・メディア論】

□レジメ みんなで学ぼう!学校司書講座2019(配布資料)DB.ppt

電子書籍と電子図書館

         ~これからの学校図書館を考えるために~

講師:専修大学教授 野口武悟先生

学校図書館も、ICTを活用できる環境づくりが必須の時代になりつつある。その中でも、特に今、注目されている「電子書籍」について、その可能性と課題、電子図書館との関係、及び、学校図書館が今後目指すべき方向性まで、具体的な事例を交えつつお話いただいた。

   すでに広く普及している電子辞書は、「電子書籍」という言葉が生まれる前の1970年代に登場した、「専用端末(内蔵)型」の電子書籍といえる。また、マルチメディアDAISYのような、通常のパソコンでCDCDROMのデータを再生する「パッケージ型」の電子書籍は、これまでも学校図書館は資料として扱ってきた。しかし、最近の主流であり、特にこれから考えるべきは、インターネットを介して利用する「クラウド型」の電子書籍である。これは、「電子書籍サービス」または「電子図書館サービス」という名で大学図書館や公共図書館での導入、サービス提供が急速に進んでいる。しかし、学校図書館での導入は、まだ緒についたばかりである。導入実績があるのは、LibrariERakuten OverdriveSchool e-Library3種のみである(詳細は資料参照)。

   電子書籍には、①中・高校生の読書のきっかけづくりや、②紙の本での読書に困難のある人の読書機会拡大の可能性がある。①については、不読とされる層に、電子書籍ならば読んでいる中高生もおり、紙の本の読書のきっかけになる可能性がある。②については、20196月施行の「読書バリアフリー法」により、整備が進む方向が明確になりつつある。

 一方、課題もまた山積みである。子どもの視力の低下などへの影響が懸念されることに加え、学校向けのコンテンツ(作品)が充実しているとは言い難いことなどが挙げられる。

 加えて、「クラウド型」の場合、物としての実体がないその特性上、予算執行、館内での取り扱い、専門的知識・技能の習得といった面で、今後、新たな対応が必要である。また、「学校図書館」のイメージが、未だ紙の本を提供する場所との認識に留まっていることも課題である。校務分掌上、コンピュータ室等を管理する「情報」分野と学校図書館が切り離して考えられる傾向も強い。両者が統合されぬまま「電子書籍については情報分野で対応」となれば、学校図書館はますますICTから取り残されてしまう恐れがある。

 従来の図書館機能を、電子メディアによって、とりわけネットワークを介して提供しようとするのが「電子図書館」である(資料参照)が、日本で、図書館機能の全てが電子的に提供されるようになる可能性は当面低そうだ。紙か電子かの議論になりがちだが、そうではなく、今後目指すべきは、紙とデジタルの両方の資料を提供できる「ハイブリッド型」の学校図書館である。

 講義を通し、「電子書籍」について、現状と可能性、そして課題が整理されただけでなく、学校図書館そのものがもつ課題と、その「情報センター」としての役割も改めて確認することができた。

(文責  東京学芸大学付属大泉小学校  富澤 佳恵子)

 


10:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2019/07/31

令和元年度東京学芸大学公開講座

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)
「学校図書館入門講座Ver.10;使える学校図書館を作ろう」

□ 令和元年629日(土)10時~16時     

□ 東京学芸大学附属大泉小学校 ランチルーム&マルチメディア室
           (参加者 38名,帝京大学サポーター&司書12名)

□ プログラム

2019.6.29学校司書入門講座プログラム.doc
□レジメ
学校司書配布資料(改訂分).pdf

●初めのことば   東京学芸大学 前田稔准教授

この入門講座も、今年で10年目となった。学校司書の方にとって、学芸大学の教員による最先端の教育学を学べる貴重な場と思う。今日も有意義な一日にしていただきたい。

 

 3-A 学校教育概論  5-A 学校図書館連携・協働論 小学校編

●学校司書のための教育学入門

   「学校図書館と子どもの学びとのつながり」

 

 講師 東京学芸大学講師 大村龍太郎先生


 午前中は、福岡で18
年間小学校の教員をされていた大村先生より、学校図書館と子どもの学びとのつながりを、各教科の特質を踏まえて具体的に伺った。

 教員は常に授業で使えるネタ()はないかと探しており、子どもがその素材に興味関心を示すと、深い学びにつながる。そのため、学校図書館は子どもにとっても教師にとっても「素材」の宝庫である。図書館の本に詳しい司書が授業に貢献するための可能性を、来年度からの学習指導要領に即した実践事例を基に提示していただいた。


10:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/11/27

学校司書応用講座 2018.11.17

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)

平成30年度東京学芸大学公開講座

学校図書館応用講座Ver.8;授業に活かす学校図書館

 

平成301117() 10001600

□東京学芸大学附属国際中等教育学校 総合メディアセンター

□プログラム2018.11.17学校司書応用講座プログラム訂正版.doc

            
 (参加者 43名)

3-B発達心理学

●教育心理学

  教室における「気になる子どもたち」の理解と支援のために
講師:東京学芸大学教授  
    附属大泉小学校校長  杉森 伸吉先生
教室における「気になる子ども」.pptx
気になる子チェックシート.pdf


 どのクラスにも特別な支援が必要な子どもがいる可能性のある現在、問題行動をとる子どもの理解は私達司書にも不可欠である。最初に子どもに接する時の留意点を伺った。子どもは一人一人違うので、比較しない。行動の背後の思いを推論する。その子に世界がどう見えているのかを把握するなどである。

 また、私達司書の利点として、「斜めの関係」という事があげられる。先生や親が「縦」、クラスの友人が「横」の関係であるのに対し、私たちは「斜め」であるからこそ、特別な関係性を得られる可能性がある。そのためには、子どもに寄り添い、子どもの発するアクションやサインを見逃さない感性を持つこと、また、子どもの興味を持ちそうな引き出しを多く持つこと、接する時は否定形ではなく、肯定的な言葉で出来たことを認めるなどを留意すると良い。

 途中、班ごとに自分の困った経験について話し合う時間も取り、「読み聞かせの途中で騒いでしまう子にはどうしたらよいか」の質問には、「3回騒いだら、ちょっと遠くで待っていてもらう」と約束させるなど、具体的なアドバイスもいただいた。ただし、全ての子の学ぶ権利を保障するため、その点は慎重にとのことである。

 気になる子も気にならない子も同じ人間である。何か問題が起きた時、「ダメだ」と思うのではなく、「本当は〇〇したいのかな」と温かい理解を心掛けたい。


15:24 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/08/31

学校司書研修2018年7月

Tweet ThisSend to Facebook | by 松岡(主担)

平成30年度 東京学芸大学学校図書館運営専門委員会 司書部会

「学校司書のための研修」

 

1日目

□ 平成30730日(月)10時~16時 

□ 東京学芸大学附属世田谷小学校 メディアルーム(参加者31名)
□プログラム  2018プログラム7.30.31.docx

【3-B 発達心理学】

「特別な支援を必要とする子どもたちへの対応/子どもをとりまく現状」   

講師:専修大学教授 野口 武悟

●特別な支援を必要とする子どもたちへの対応

1960年代にデンマークのパンクミケルセンらが提唱したノーマライゼーション思想とは、障害のある人を他の人と対等平等に存在させる社会こそノーマルであり、そのような社会に変革していく必要があるというもので、その実践的アプローチの1つにインクルーシブ教育がある。

「障害者の権利に関する条約」が国連総会で採択され、日本政府は20164月に「障害者差別解消法」を施行した。国公立学校を含む行政機関等においては合理的配慮の提供が義務化され、私立学校を含む民間事業者は努力義務化された。合理的配慮とは、一人ひとりのニーズをもとに状況に応じた変更や調整を、校内体制や費用などの負担がかかりすぎない範囲において行うことである。




14:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/07/02

学校司書入門講座 2018.6.23

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上

平成30年度東京学芸大学公開講座
「学校図書館入門講座Ver.9;使える学校図書館を作ろう」

□ 平成30年6月23日(土)10時~16時        

□ 東京学芸大学附属小金井中学校 図書館

□ プログラム

 【2-B 図書館情報資源概論 / 3-A 学校教育概論】

●教育学図書出版の現場から

講師:東京学芸大学教授 藤井健志氏

 はじめに
 2001年「教育の良書を出したい」という創立者故池田義人先生の思いを引き継ぎ、東京学芸大学出版局が設立され、事務局長を引き受けることになった。

 1.本の値段 本をめぐるいくつかの仕組み

 教育関係の書籍は売れないと、どこでも冷たくあしらわれるが、実際学校の先生は本を買わない。出版局は独立採算制をとっているため、お金の苦労も多い。書籍の値段は一般的には制作単価の3倍を想定しているが、制作単価も組版や紙質など様々なヴァリエーションがあり、印刷部数との兼ね合いで決まっていく。
 出版社がつぶれるのは、返品が自由という流通のしくみが影響している。アマゾンは定価の60%で買い取るため、出版社の利益は少ない。


10:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
12
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する