読書・情報リテラシー

読書・情報リテラシー >> 記事詳細

2012/10/13

高校生のための論理学入門マンガ教材

Tweet ThisSend to Facebook | by 中山(主担)

                                         国際基督教大学高等学校国語科 仲島ひとみ 


 情報を正しく理解し、また批判的に検証するためには、論理的な考え方が必要です。
与えられた前提から本当にその結論が導かれるのか、問題のある前提は隠されていないか、もっと適切な仮説が考えられるのではないか…そのために、論理学の基礎を学ぶことは非常に有効です。

 論理的文章の読解は教科書でも扱われていますが、学校の中で論理学そのものを学ぶ機会はそれほど多くありません。

そこで出会ったのが
『論理トレーニング101題』(野矢茂樹著・産業図書 2001年)です。
接続詞の使い方から始まって、
論証の構造、演繹と推測といった内容を練習問題つきで学べる、
論理学入門に最適の教材です。

これを授業で使ってみようと思ったものの、高校生にはやや難しい。
取り組みやすくしたい。
というか、例文が面白いのでマンガにしてみたい!(笑)

ということで、『論理トレーニング101題』をもとに作成したのが、
論理学入門用オリジナルマンガ教材それゆけ!論理さん』です。

4コママンガと解説マンガの二本立てになっています。
 (文末に全デ―タをアップしています。)
これを数年前から二年生の現代文(必修2単位)の授業で使用しています。

17:38
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する