学校図書館の日常   (トピックス・よみきかせ・ブックトーク・広報・展示・レファレンス)

 下にスクロールしてください。よみきかせ・ブックトーク・展示など6つの話題がでてきます。
 

学校図書館トピックス

学校図書館トピックス
12345
2018/01/09

平成29年度文部科学省事業報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)
平成29年12月23日に、東京学芸大学構内において、文部科学省事業報告会が行われました。
(参加者 82名)

「平成29年度文部科学省事業 報告会
 ~みんなで使おう! 学校図書館 Vol.9~」
日時:平成29年12月23日(土) 13時~17時
場所:東京学芸大学西講義棟(W棟)W110教室

  2017報告会当日用プログラム ketteibann.docx

なお、この様子は、1月中は動画配信で視聴することができます。トップページからお申し込みください。また、当日配った資料も順次以下の文章からダウンロードできるようにします。

1.はじめのことば  東京学芸大学 学校図書館運営専門委員会 委員長 古家 眞
 この四月から12校園の図書の施設を訪問してきました。どこもそれぞれの特色を生かして、読書ワールドを作っていたように思います。学校図書館は読書指導だけでなく教科の支援も行い、学校教育を支えています。今日は有意義な会にしていただきたいと思います。

2.実践報告
●附属世田谷小中学校図書館紹介  
 附属世田谷中司書  村上 恭子
まず、附属世田谷小中学校図書館の様子が、生き生きとした動画を使って紹介されました。さらに中3生へのインタビューにより、生徒が図書館をどのように捉え、普段使っているのかが語られました。




18:32
12345

よみきかせ

よみきかせ >> 記事詳細

2017/11/11

読書旬間

Tweet ThisSend to Facebook | by 井谷(主担)

羽村市立栄小学校教諭 武藤 ゆかり

 本校では、10/30~11/10が秋の読書旬間(読書キャンペーンと命名しています)でした。その間に読み聞かせた2冊を紹介します。

 

朝読書の時間に、先生方が他のクラスで読み聞かせをする「出前読み聞かせ」は、1年生から6年生まで子どもたちに好評です。

何先生が、何の本を読んでくれるのか、わくわくしながら待っていてくれます。

 私が読み聞かせたのは、特別支援学級の4年生と5年生。持って行ったのが、私の大好きなこの本です。



『だるまちゃんとてんぐちゃん』

作・絵 加古里子 

福音館書店




 てんぐちゃんの持ち物をほしがるだるまちゃんの願いを、大きなだるまどんがひとつひとつ叶えてくれようとする、その繰り返しの楽しさは、鉄板です。

私は、大きなだるまどんが「鼻」と「花」をかん違いしてしまい、だるまちゃんがうるうるして怒る場面が好きなのですが、子どもたちは、

「おわんをかぶるところ!」

「すずめがとれたところ!」

と、子どもたちらしく楽しかった場面を話してくれたのでした。

 50年もの長きに渡って読み継がれる本の、偉大さを実感する一冊です。

 

 休み時間に図書室へやって来た2年生と3年生の子どもたちに読んだのは、

小学3年生の「わり算」の導入で読んであげたいこの本です。


『おまたせクッキー』

作・絵 ハッチンス

訳   乾 侑美子

偕成社




19:04

ブックトーク

ブックトーク
12345
2018/02/14new

からだを使って からだを学ぼう

Tweet ThisSend to Facebook | by 金澤(主担)
 養護教諭が2年生に「からだを使って からだを学ぼう」の授業を行った。「五感」を使って、自分の体について体感しながら学ぶ授業である。その授業の中でブックトークを行った。
 
 ◎ 1回目の授業では、嗅覚と味覚の実験の前に次のような本を紹介した。
            

 「楽しくわかる!体のしくみ からだ事件簿」
    坂井建雄(監修)ダイヤモンド社
 体の中の様々な現象を事件と呼び、内臓、筋肉、骨、脳、免疫などについて、漫画やイラストを使って解説している本。
 みんなの体の中では、いろいろなところが、休みなく働いていることを話した。

22:48
12345

広報(お薦め本)

授業に役立つ本を紹介します!
12345
2018/02/09new

本を知らない子どもたち

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
  高校3年生の国語表現の授業で、「国際支援」や「難民」「SDGs」をテーマに授業がおこなわれました。その際に紹介をしたのが『わたしは10歳、本を知らずに育ったの。』公益社団法人シャンティ国際ボランティア会編、合同出版 2017)です。この本では日本の教育NGOの一つ、シャンティ国際ボランティア会(SVA)が過去36年間にわたり、アジア地域でおこなってきた図書館活動を中心に紹介しています。
 日本で暮らしていると、文字が読めない生活はぴんとこないかもしれません。しかし世界には読み書きのできない人は7億5000万人もいます。教育を受けずに親になると家計を支えることは難しく、子どもたちも働きにでるという、「貧困の連鎖」は続くことになります。
 しかしこの本では、子どもの頃にタイのスラム街にできた図書館に通い、読む喜びと学ぶ楽しさを知った少女が、やがて外交官になった話など、文字の読み書きがいかに未来を切り開くことになるかを語ってくれています。こうした文字の読み書きのできない多くの人々のために、日本にいる私たちには何ができるのでしょうか。そのことも最終章では紹介してます。

10:00
12345

レファレンス

レファレンス
12345
2018/02/13new

このまえあそこにあった紫色の本はどこですか?

Tweet ThisSend to Facebook | by 村上


  これも、レファレンスと呼べるのかな…という質問ですが、学校司書ならこんな聞かれ方を意外とよくするのではないでしょうか?
 図書館では、テーマ展示や授業用の別置コーナーなど、その時々に本棚から抜いて本を置くことがよくあります。この前まであった本が、今日はもう違う本に変わっているということも少なくありません。

  先日、保健体育の授業で、「健康新聞を作ろう」という探究学習を図書館で行っているときに、聞かれたのがこの記事のタイトルにした質問です。体の成長・心の成長・欲求不満・体と心の相関関係…など1年生が保健体育で学んできたことに関連した本を、約100冊ほど別置したコーナーをそのときは作っていました。ブックリストを配布し、本には通しナンバーをつけていたので、その場所なら、この本ではないかと「人体」に関する本を差し出してみたら、違うという返事。中は、小さな章にわかれていて、読み物風だったという。

 1週間前の授業記憶を探りました。この日はテーマ決めで、保健体育とは別に、自分の関心のあることから、マインドマップをつくろうという授業でした。何気なく生徒の様子を眺めていたら、マインドマップの真ん中に「感情」という言葉を書いたまま、ストップしている少年がいたので、こんな本も何かのヒントになるかもと差し出した一冊を、他のクラスも使えるかもと、別置コーナーにポンと置いたことを思い出しました。「これかな?」と手渡したら、「これです!あれ、全然紫色じゃないですねぇ…」と彼女。


14:25
12345

テーマ展示

テーマ展示
12345
2018/01/09

理化学研究所「科学道100冊」

Tweet ThisSend to Facebook | by 渡辺(主担)
 
 
 昨年、理化学研究所の100周年を記念して作成されたブックレット「科学道100冊」に掲載されている図書100冊が、SSH指定校(スーパーサイエンスハイスクール)として寄贈されました。
欲しくても高額で買うことを断念した本や、学校司書では気づかないユニークな視点で選書されている資料など、面白そうな科学の本が一堂に並び、なかなか壮観です。
12:56
12345
当サイトの使い方
先生にインタビュー・授業と学校図書館
使いこなす情報のチカラ・読書・情報リテラシー
本の魅力を伝えるあれこれ・学校図書館の日常
使えるブックリスト紹介・テーマ別ブックリスト
ちょこっとアイデア玉手箱・司書のお役立ち情報
活かそう司書のまなび・司書研修の報告
授業事例を大募集!!
Library of the Year ありがとうダブル受賞!
資料アラカルト
GAKUMOのひみつ
リンクフリー
会員専用掲示板
今月の学校図書館
ご意見・お問い合せ
このサイトについて
無料でお届けメールマガジン
ツイッターで紹介するフェイスブックで紹介する