学長室だより

"アイ・ラブ・ユー・OK"

6月9日は"ロック"、語呂合わせでロックの日ということで、矢沢永吉さんがライブをやるというので、NHKの夜のニュース番組"ニュース・ウォッチ・ナイン"でインタビューに答えていました。場所は、ライブをする予定の新国立競技場でした。

矢沢さんで強烈に思い出されるのは、30数年前に見たNHKの番組です。それは、すでに成功者として世に知られるようになっていた永ちゃんが、若いときの自分のインタビュー番組を見て、コメントするというもので、20代の永ちゃんは、これまでのことやこれからのことを、既にあの矢沢節で、滔々と話していました。それは、自分やまわりのことをよく分析していて、その大きな野心はそれなりにリアリティのあるものでした。それをしばらく見ていた永ちゃんの言ったことが、「この人、偉くなりますよ」。意表を突くと言いますか、普通では考えつかないようなコメントに、なんとも驚きました。こうした物言いが、嫌な感じにも尊大にも聞こえず、どんどん引き込まれていくというのが、矢沢節だと思います。

実は、わたくし、永ちゃんを、正確にいうと、永ちゃんのキャロルを、高校生か浪人の頃、見にいったことがあるのです。キャロルに憧れていた仲間数人と(そういう時もあったのです)。で、場所はどこかというと、なんと八木山ベニ―ランド。八木山ベニーランドというのは、仙台市の郊外にあるさほど大きくもない遊園地です。その遊園地にキャロルが来たのです。そこは遊園地ですので、家族連れなどが、お弁当を食べたりする芝生の斜面があって、その下のところに小さなステージがつくられて(もちろん、野外です)、そこでいくつかのバンドが演奏するというものでした。キャロルの他にも、サディスティック・ミカ・バンドも出ていました。今思うと、こんなところに!?という他、随分とテイストの違うバンドが一緒に出ていたんだぁと思います。

演奏は夕方から始まり、キャロルが登場したのは、もうすっかり暗くなってからでした。ストロボ照明というのでしょうか、それを使った舞台というのを初めて見ました。一瞬一瞬止まって見えて、それが、まるで静止画か写真のようで、リーゼントに革ジャンでビシッときめたキャロル――永ちゃんももちろんいます――、とてもカッコよく見えました。これもまた強烈でした。

6月9日のインタビューの最後に永ちゃんは、自分が一番最初につくった曲だと言って"アイ・ラブ・ユー・OK"を歌いました。声も体形もまったく昔とかわりませんでした。番組でインタビューしていたアナウンサーの蒼井さんは、「かっこいい!」とは言わないつもりだったが、会って10秒で言ってしまったと話していましたが、もっともだと思います。72歳の永ちゃん、相当な節制、精進、努力があるのだろうと思います。

そうしたかっこいい永ちゃん、当方(6つ下ですが)など到底及びもつきませんが、実はかなり重要な共通点があるのです。それは何かというと、そう、誕生日です。永ちゃんと私とは、誕生日が同じなのです。9月14日。星座は、乙女座です...。

"ユダヤ人の血"。

今月初め、ロシアのラブロフ外相が、ユダヤ人を迫害したドイツのヒトラーに「ユダヤ人の血が流れていた」と発言しました。ロシアがウクライナ侵攻の理由のひとつに挙げたウクライナの"非ナチ化"ということについて、ウクライナの大統領であるゼレンスキー氏がユダヤ系だからといってウクライナがナチ化しないわけではないと、ウクライナ侵攻を正当化する趣旨で発言したようです。

この発言には、イスラエルが猛反発しました。ユダヤ人がユダヤ人の大虐殺を行ったということか!と。

イスラエルの反応はもっともで、ラブロフ外相の発言はいろいろな点で批判されるべきです。

私は、彼の言う"ユダヤ人の血"というのが気になりました。一体これはどういう意味なのでしょうか?

ヒトラー(ナチス)は、ユダヤ人を"人種"のように扱いました。生物学的な人の単位として、ということだと思います。が、しかし、彼らが実際ユダヤ人をどう定義したかというと、「当人の祖父母の代に遡り、4人の祖父母のうちの3人以上がユダヤ教徒であった場合、及び、祖父母のうちの2人がユダヤ教徒でも本人もユダヤ教徒の場合」にユダヤ人としました。つまり、"人種"という言葉から連想される生物学的な何かではなく、宗教上の信仰と関係させました。そうせざるを得なかったということで、彼らの、ユダヤ人=人種論の破綻は明らかでした。また、この定義では、いろいろなケースが考えられ、種々複雑なものとなりました。例えば、祖父母のうちの2人がユダヤ教徒で、本人がユダヤ教徒でない場合には、「1親等ユダヤ系混血」、祖父母の1人がユダヤ教徒で、本人がそうでない場合には、「2親等ユダヤ系混血」などとされました(大澤武男、"ヒトラーとユダヤ人"、講談社現代新書、1995)。

哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの一家の歴史を描いた"ウィトゲンシュタイン家の人々"(アレグザンダー・ウォー、中央公論新社、2021)にも、このことにまつわる話が出てきます。この本で紹介されていたのは、「2分の1アーリア人の男性が、アーリア人の母親をもつ女性と結婚していたとして、そのアーリア人の母親が娘をユダヤ教徒として育てるためにユダヤ教徒に改宗していた場合はどうなるのか?この結婚で生まれた子供はどういう扱いになるのか?」というもので、これは、ドイツ非アーリア人キリスト教徒協会が1936年3月に発行した質疑応答形式の小冊子に書いてあったものだそうです。こうなると、何が何だかわかりません。この本では、ルートヴィヒの姉兄が、ユダヤ人の認定から逃れるべく、奔走する姿が描かれています。彼らにはユダヤ人という自覚はなかったのですが、祖父母4人のうちの3人がユダヤ教徒であったことがわかり、ユダヤ人とされてしまいます。(3人のうちの2人は、後にキリスト教に改宗していたのですが、祖父母の改宗は認められないものでした)

そもそも、"人種"なる概念は、生物学的には、その実在性を疑われている概念です。原型としては想定され得るかもしれませんが、実際の、今ここにいる一人の人について、 "人種"を特定することは、人々の交通、交流、混血がさんざんに進んできた結果の中に生きている我々にとっては、到底できることではないことは明らかです。こうした根本的な点からしても、ナチスのユダヤ人=人種論は破綻していたのでした。

さて、こうしたことを背景に置いた時に、ラブロフ外相は、一体どのような意味で、"ユダヤ人の血"と言ったのでしょうか。"血"という言葉は、単に家系というような意味でも使われることもありますが、遺伝的、生物学的なイメージを抱かせる言葉だと思います。こうした言葉を、無責任な発言など元より許されない一国の大臣が使うとは、"非ナチ化"という戦争目的に劣らず不可解です。

さらに驚くべきことは、ロシアのプーチン大統領が、このラブロフ外相の発言について、イスラエルのベネット首相に素早く謝罪したことです。先の学長室だよりでも、少し触れましたが、ロシアとイスラエルとの関係には、デリケートなものがあることをうかがわせます。が、しかし、それにしても、一国の外相が、こうした意味のよくわからないことを言い、そして、さらに、その発言を、大臣を統括する大統領が関係国に即座に謝罪するとは、俄かに信じがたい振る舞いです。

ロシアのウクライナ侵攻に大義のないことは明らかです。ロシアは、一刻も早く兵を引くべきです。