学長室だより

2021年の年末にあたって

ちょっと古い話で恐縮ですが、11月8日の教育新聞に、"高校生のなりたい職業で「教員」が男子1位、女子では2年連続2位"という見出しの記事が載っていました。これは、通信アプリ大手のLINE社が「LINE」を使ってアンケートをとったものだそうで、高校1年から3年の男子517人、女子527人が回答したそうです。回答人数が限られており、また、答えたのはこうした調査に積極的な学生という点でバイアスがかかっているとは思いますが、しかし、何にしても1位は1位。まことにうれしく思います。

それよりは少し後ですが、本学教職特待生との懇談会がありました。本学独自の制度である教職特待生(経済的に厳しい中で教員になることを強く希望する学生を支援する制度)のことやこの懇談会のことは昨年の学長室だより(2020年12月17日)にも書いたところです。

今年の懇談の中で、「教師という仕事がブラックと言われていることは知っていたと思うけど、それは、君たちの大学選択には影響しなかったか?」と尋ねたところ、ほとんどの学生が、「知ってはいたが、入学してから教育実習の際に自分で見たり、現職の先生の話をなどから判断してみたいと思っていた」というような答えをしてくれました。情報を鵜呑みにするのではなく、自分自身で判断したいと考えていることは、たいへん頼もしく感じました。

これまでこの学長室だよりにも書いてきましたように、教師の仕事が負担過重となっていることは事実です。が、教師という職業のブラック・イメージが広がっているなかで、こうした高校生や学生の反応には、大いに励まされます。教育者の養成はやりがいのある仕事です。昨年も年末に記したことですが、そうした仕事に携わることができて幸せだと思います。来年もこの仕事に力を尽くしたいと思います。

今年もお世話になりました。来年も引き続きよろしくお願いします。

ソビエトの買い物(2)― 新生ロシアで ―

前の回で、ソビエトのお店での店員さんの愛想のわるさのことを書きましたが、2002年、ソビエトが崩壊してからの新生ロシアを、心理学関係の国際会議があって、やはり恩師と訪れる機会がありました。買い物は、もはや前回記したようなシステムではなく、日本と同様で、日本と同様のスーパーもできていました。が、そうしたところで買い物をする中でだんだん気づいてきたことは、やはり店員さんの愛想がまったくないことでした。ソビエト時代は、仕事が面白くないからなのかーソビエトでは物をつくる仕事が尊重され、物を売るなどのサービス業は軽んじられているようでしたのでーと思っていましたが、体制が変わってもとなると、そうしたことではないようだと気付きました。

なぜ愛想がないと感じるかというと、彼らは笑わないのです。ソビエトに留学経験もあった私の恩師は、彼らは仕事中に笑うのは不真面目だと思っているらしいと教えてくれました。そう聞いて、彼らどうしが仕事で話をしているらしい場面をよくよく観察してみると、確かに笑っていないのです。また目を見て話すのがあちらの礼儀ということで、ビシッとしたスーツを着たいかにもロシア人という体格のいい男性どうしが話をしているところなどをみると、ニコリともせず、またお互い目をそらさず至近距離で対峙しているのですから、これから何か勃発するのではないかという緊張感をはらんだマフィアの話し合いのような迫力がありました。ロシア人は笑わないということは、実は、ロシアに詳しい人には、よく知られていることで、ロシア語の入門書や旅行記などにも結構書かれていることは、あとから知りました。

この笑わないということに相俟って、小銭を用意するのは、買う側というのがあちらの商道徳らしく ―― ツムというモスクワを代表するかなり大きなデパートの大きな垂れ幕には"小銭を用意するのは客の責任"と書いてあるということを(私はロシア語が読めませんので)、実際その垂れ幕を見ながら、我々に同行してくれたガイドさんが含み笑いしながら(ま、仕方ないわねというニュアンスで)教えてくれました ―― 支払いで大きなお金を出すと、"ニェット!!("だめ!!")"と、こちらの目を射抜くようにしてジッと見て、笑わずに言われると、こちらは大いに怯み、財布の中をガサガサ探すということになるのでした。モスクワ大学の中の生協のような売店では、舌打ちもされたように思いましたが(店員さんは学生風の若い女性でした)、それは怯えも頂点となっていたからでしょうか...。モスクワ大学には、お店の開店直後の時間に行ったのですが、実際レジをのぞき込んでみると(そんなことをしたから舌打ちされたのでしょうか...)、スカスカの状態で、よくもこうした状態で営業を開始するものだと、呆れるというよりもはや感心しました。

というわけで、新生ロシアでの買い物も、だんだんと苦痛になってくるのでした。(この記事さらに続く...)


下の写真の1枚目は、雀が丘というところにある新しいモスクワ大学で、何たる威容!と思いますが(建物の真ん中が大学本体で、左右が学生寮になっているとのことでした)、これは、スターリン・ゴシックとも言われる、スターリン時代に建てられた7つの巨大なゴシック様式のような建物のうちのひとつです。上で記したのはここの売店でのことです。学内では、「青木造園」と荷台に書かれたトラックが職員の人を乗せて行ったり来たりして落ち葉を片付けていました。日本の中古車がロシアではよく走っているとのことでした。2枚目は、街のなかにある昔からあるモスクワ大学です。

前回のクイズ(ресторан)の答えは、"レストラン"です。前回記しましたようにロシア語のрはr、сはsで、нはnです。また、ロシア語ではвがvで、уがu、хがhで、さらにNとRの鏡映文字であるИとЯもあります。つまり、英語のアルファベットを知っていると、その知識がロシア文字の読みに干渉して読みを妨害するということが起こるということで、そんなこんなで私はロシア語をはやばや諦めました。では、英語ができたかというと、そうでもないというのは真に残念です...。

20211217_gakucho_a.jpg

20211217_gakucho_b.jpg